指輪

結婚指輪はしっかりと選ぼう|一生身に付けるラブアイテム

結婚の証である指輪

ハート

開国前に伝わった風習

日本が開国する以前、明治時代に伝わった風習のひとつである結婚指輪は、男女が結婚の証として身につける指輪のことであり、その指輪は揃いのペアリングである場合が多い傾向にあります。伝わって直ぐには定着しなかったものの、生活様式が西洋化し欧州風の結婚式の広がりとともに、採用されることも増加したと言われています。結婚指輪には、一般的に左手の薬指につけると言う特徴があります。その理由としては、薬指と心臓の血管が繋がっており、その指に指輪をつけることによって結婚の誓いをより強固にするという言い伝えが挙げられます。また、結婚指輪は「永遠に途切れることがない愛情」を象徴するものであり、常に身につけることによって、結婚を誓った相手の存在を感じることが出来ると言う意味も含まれていると言います。

選択肢の幅が広がる傾向

結婚指輪は、普段から身につけることを前提としているため、基本的にシンプルな形状の指輪となっています。時期によって流行のデザインが変化したり、相場価格も変動します。近年では、結婚指輪の価格自体は少しずつ上昇していると言われていますが、これは婚約指輪と結婚指輪の兼用が影響しているものと考えられています。最近では、ニューモデルとして発表されている結婚指輪にも変化が見られ、リング幅を細身化し、その分価格設定も低く抑えられる傾向にあるのです。結婚指輪の今後の動向としては、上記の事柄も踏まえて、デザインのバリエーションが増加し、価格についても低価格のものから高価なものまで、結婚指輪の選択肢が増えるのではないかと考えられています。